首都高速道路技術センターは、首都高速道路(株)以外にも国交省、東京都などの鋼橋、RC橋・PC橋の維持・保全に係わる設計業務やアセットマネジメント業務を行っております。

鋼構造物疲労に関する技術支援

勉強会・研修の講義実施

 技術センターでは、鋼構造物の疲労を題材とした講義を行っています。講義内容は、損傷事例や調査方法、補修・補強事例など疲労に関する最新の知見を含んでおり、道路管理者が疲労対策を行う上で役立つ情報を提供しています。

非破壊検査及び計測実習

①表面き裂探傷試験実習(磁粉探傷試験)

 鋼構造物の溶接部の表面欠陥の調査は、磁粉探傷試験、浸透探傷試験が一般的に用いられます。探傷検査を自ら体験することにより、探傷方法や探傷精度などについて、理解を深めて頂くことができます。

②内部欠陥探傷試験実習(超音波探傷試験)

 超音波探傷試験は、内部欠陥の検査に用いられます。技術者の技量に依存することが大きい検査で、探触子の走査やエコーの判別の難しさを体感し、超音波探傷試験の精度や信頼性を理解することができます。

③応力計測実習(ひずみ測定)

 構造物に作用する応力を測定する方法は、ひずみ抵抗法が一般的に用いられています。ひずみゲージにより、測定点のひずみを測定し、そのひずみ値から計算により応力を求めます。測定値はひずみゲージの貼り付け状態に影響されます。ひずみゲージの貼り付けを体感することで、ゲージを貼り付ける条件の影響を実感することができます。

hagane_04_1hagane_04_2hagane_04_3hagane_04_4hagane_04_5hagane_04_6

自治体の方々や学生に向けた点検デモをおこなっている様子
PAGETOP
Copyright © Highway Technology Research Center. All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.