首都高速道路技術センターは、首都高速道路(株)以外にも国交省、東京都などの鋼橋、RC橋・PC橋の維持・保全に係わる設計業務やアセットマネジメント業務を行っております。

構造物のアセットマネジメント

概要

 新設/改築・点検・補修補強工事のしゅん功データを一括管理し、測量データを基本とした土木・建築・電気・設備の図面情報(空間データ)、点検データ、道路基本データなど情報共有化により、維持管理予算の効率的な配分、予防保全によるLCC最小化、アカウンタビリティ向上などにより維持管理の最適化を図ります。

 アセットマネジメントを導入することにより、道路構造物の「量」・「質」の状態を定量的に把握・評価し、それを基に将来の劣化予測を行い、ライフサイクルコスト(LCC)や費用対効果などにより「何時・どこで・何を」行うことが最適であるか決定し、計画的かつ効率的な道路管理を実施できます。

 構造物のアセットマネジメントを推進するため、図面や台帳の整備、橋梁カルテ、道路施設管理支援システム、路線図着色システムなど各種支援システムの構築を行っています。

【アセットマネジメント基本フロー】
promo-asset_illust

PAGETOP
Copyright © Highway Technology Research Center. All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.