首都高速道路技術センターは、首都高速道路(株)以外にも国交省、東京都などの鋼橋、RC橋・PC橋の維持・保全に係わる設計業務やアセットマネジメント業務を行っております。

横締めPCシースグラウト充填調査

既設PC橋梁横締めシースグラウト充填度非破壊検査技術
 衝撃弾性波法による(既設)PC橋梁の横締めPCシース内のグラウト充填・未充填の判定を行う非破壊検査技術です。調査実績は,首都高速道路で400本以上あります。

【特徴】

  1. 定着部のコンクリート表面から検査が行えるため、ハツリ・補修等が不要で、効率的に検査ができます。
  2. グラウト充填不良がシース個別に判断でき、シース1本ごとの評価が可能です。
  3. 充填不良シースに対する再注入後の充填確認にも適用可能です。(固化後測定)

ntap-02

 本計測技術は、首都高速道路株式会社、一般財団法人首都高速道路技術センター、アイレック技建株式会社の共同開発技術です。【特許4895383】

PAGETOP
Copyright © Highway Technology Research Center. All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.